医学部予備校で学んだ事は何か

実際に本格的に通ってみると意外なものが見えてきました

医学部は偏差値65位はないと最低でも受かりません。
中には偏差値60でも受かるようなところがあるかもしれませんが、やはり65かそれ以上の偏差値が必要だと言われています。
自分の場合偏差値が58しかなかったため、奇跡的に受かるかもしれませんが、奇跡を信じてやってもお金の無駄になってしまうわけです。
それなどをしっかり勉強して、顧客をつかみ取ろうとしました。
現役の時、偏差値60前半まで上げましたが、偏差値65の医学部には届かず残念ながら不合格になってしまいました。
3つの大学を受けたわけですが、すべて不合格で残念な結果です。
それ以外の楽譜を受けておらず、そのまま浪人をすることになりました。
一応は、現役時代も予備校に通っていたものの、本格的に通っていたわけではなく模擬試験と夏の講習会だけ通っていたわけです。
6人の春からは、しっかりと予備校に通うことにしましたが、実際に本格的に通ってみると意外なものが見えてきました。
まず1つは、自分のライバルがたくさんいると言うことです。

高校2年生になり医学部を目指すことにしました : 実際に本格的に通ってみると意外なものが見えてきました : 結果的に第二志望の大学に入学することになった

医学部予備校を探すなら医学部予備校ナビ医学部受験予備校【エースメディカルみなとみらい】